おしゃれ、グルメ、スポーツ、音楽など毎日の出来事で気になったことを書いていくokkeiのブログ

おしゃれ、車、お酒の話から、グルメ系の話まで幅広い内容にするのでお楽しみに!

ファッション業界のSDGsから仕事に活かせそうなことを考える

こんにちは。okkeiです。

 


ファッションが好きなので今日は、ファッション業界のSDGs(エスディージーズ)について調べてみたいと思います。

f:id:okkei:20210913194338j:plain

 

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development
Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標MDGs)別ウィンドウで開くの後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leaveno one behind)」ことを誓っています。SDGs発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
引用元:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

リサイクルはもちろん、環境にも配慮した素材開発に取り組む企業が増えてきています。

 

僕が、よく行くユニクロは、どのようなSDGsが実施されているのでしょうか。以前、買い物行ったときには、回収ボックスがありました。ユニクロでは、不要になった同社の製品を回収して、独自の基準で有効利用されています。

 

リサイクルするものとして、自社工場に持っていくものもあれば、世界各地で洋服を必要としている方々へ寄付しているものもあります。

 

また、アーバンリサーチでは、「commpost(コンポスト)」というブランドがあります。これは、異なる素材が混合していることから難しいとされてきた洋服のアップサイクルを推進!それを実現する「commpost(コンポスト)」というブランドを発表しました。

 

commpost(コンポスト)とは?

共有、共同、常識、良識を意味する「common (sense)」と郵便・提示する・標柱を意味する「post」を組み合わせた造語。
敷居が高いと思われがちな「アップサイクル」という考え方に、ファッションの分野から、スタイルのある新しい価値や考え方を提示していく。
これからの地球環境や人のはたらき方・暮らし方に対して、新しい常識を示していきたい。そんな想いから誕生したサステイナブルマテリアル・プロダクトブランド。

引用元:https://www.urban-research.co.jp/special/commpost/

 

こうやって調べてみると、今着ている洋服の企業は、どんなSDGsを実施しているのかなど、ますます興味がわくようになりました。

 

ボクの身近で、ご自身の事業にSDGsを取り入れている友人は、向山雄治さんです。法人2社を経営されています。ご自身が経営されているお店では、こだわりのオーガニック食品や商品があります。オーガニックの生産・加工は、自然循環機能を活用し、資源やエネルギーの無駄を最小限に抑えることが可能です。これは、SDGsが掲げている目標12「つくる責任、つかう責任」との関係に繋がります。

 

向山さんを見ていると常に先のことを考え応用をきかせて動かれているように感じます。そして何より楽しんでやられてます。

 

僕も自分で会社を経営することになったら、SDGsを通じて世の中に貢献するのはもちろんのこと楽しみながら仕事をしていきたいと思います。