アルファロメオ4Cについて紹介♪ その3♪

みなさんこんにちは♪


寮生活してたときは
夕飯のサイクルに困って大体カレーを作って
週5で食べていたokkeiです(*^^*)


昨年、初めてふるさと納税をして

返礼品が届いたんですけど
いいシステムですね!

 


f:id:okkei:20190117152154j:image

 

自分が納税した地方からいいお米やお肉などを
返礼品といった形で受け取れることは
自分にとってもうれしい!


f:id:okkei:20190117151551j:image


f:id:okkei:20190117151758j:image

 

そして納税した地方も潤うので

お互いがWin-Winですね!!!(^O^)/

 


返礼品の内容や広告力にによって
納税先の地方による競争が起きる!


納税者にとって
納税したくなるようなサービスや魅力的な商品が
たくさん産まれている!

ふるさと納税ほんとにありがたい!(今ここ)

 

って、状況です(笑)

 

そしてなによりも

感謝ってやっぱり形にしてナンボですね!


f:id:okkei:20190117151529j:image

「ありがとう」と心ではどんなに感謝していても
言葉にしなければ伝わらないし…


自分の納めた税金がどう反映されているかも

分からない住民税よりも

ふるさと納税なら

納税者に感謝をしていることが

「返礼品」という形で返ってきて

 

相手に対して感謝を「伝わるように」

努力をしている方が嬉しいし、

そういう心遣いが大事なんだと気付きました(^^)

 

そして僕も自分の好きな車やモノ、

もっと評価されていってほしいものに


感謝をするという気持ちをもって

このブログに形として

残していけたらと思います!(^^)!

 

 

 

前置きが長くなりましたが

今回もアルファロメオ4Cについて紹介です♪

前回はこちら♪

https://okkei.hatenablog.jp/entry/2019/01/16/091458:titl

 

 

 そういえばこの

アルファロメオ 「4C」の

この4Cの名前は何からきたものか

皆さんご存知ですか?( ^ω^ )( ^ω^ )

f:id:okkei:20190117151514j:image

 
引用元:https://clicccar.com/2018/11/25/657097


ヒントは車の部品、パーツですね♪
f:id:okkei:20190117151458j:image

 

正解は Cはcylinderのことで、

つまり4cylinder=4気筒という意味から来ています♪

 
普通の人だと分からない(笑)

 

このアルファロメオ4Cには

ジュリエッタの特別モデル

アルファロメオジュリエッタ

クアドリフォリオ ヴェルデと同じ

直列4気筒エンジンをチューニングしたものが

搭載されています♪

(名前長いwww)

 

 

なぜコンパクトカーと同じエンジンなんだ?

と思う人は多いと思います!

 

これはエンジンレイアウト上

あまり大きいエンジンを

積めるスペースがなかった、

 

エンジン搭載位置が高いため

バネ上増量を抑えるために軽いエンジンにした

(運動性能を上げるためかな)

 

新しいエンジンをつくる予算がなかった笑

 

などの理由があるようです(≧▽≦)♪

 

 

しかし!エンジンは小さくても

4Cの軽い車体を加速させるには

十分すぎるほどパワーがあるようです♪

 
 
f:id:okkei:20190117151438j:image

引用元:https://www.idea-webtools.com/2013/10/alfa-romeo-4C.html

 

240psのパワー乾燥重量895kg

0-100km/hの加速を4.5秒で行えるあたり

4Cの軽さが特筆点なのが

よくわかりますね(*^ω^*)♪

 

さらに!実はスポーツカーにしては燃費もいいほうで
10km/Lいくことが確認されています!(`・ω・´)

(他のスポーツカーで大体5km/Lくらい)

 

スポーツカーなのに環境に優しいって

矛盾しているようなことも実現させた理由は

やはり「軽さ」が一番の要因ですね!

 

この軽さを実現させたのが前回紹介した

カーボンファイバーのプリプレグ方式というワケですね♪

 

 

こうやって書いてみると

車は掘りさげるほどネタがどんどん見つかるので

うまく文章に収めるのが大変ですね(笑)

 

今回はここまでで、

次回は車以外のモノも紹介してみようと

思います(>∀<●)/♪

 

それでは!